•  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • バースセンス研究所とは

    幸せなお産を増やすための人材育成プログラム・教材の開発を行っています。

    *ミッション

    次世代の、しあわせな妊娠出産、希望あふれる子育てを支え、いのちの力と喜びがつながる社会の実現を目指します。

    *企業理念

    「人が生まれ、育ちはじめる=Birth」新しい命は、未来そのものです。
    バースセンス研究所は、新しい命を迎える家族と地域を支える各組織と連携し、共感力あふれる次世代育成支援事業を推進します。
    新しい命の誕生と育みあいを支え、いのちに優しい未来社会を創造する事業を展開します。

  • 企業研修ご担当者様へ

    出産育児業界で活躍される皆さまのリテラシー研修をはじめ、マタニティベビー担当の接客研修、妊娠中のお客様のメンタルサポートを可能とする各種事業研修などをご用意しております。新入社員研修や福利厚生として、メンタルセルフケア、セルフマネジメント研修をご活用いただいております。

     

    弊社ではこれまでに、行政職員、医療機関、マタニティ・育児用品メーカー、販売業界はもとより、ベビーシッターサービス会社など育児支援事業各社への妊娠・出産・育児支援研修を実施しております。「セルフイメージ改善法」や「自己肯定感」の向上を誕生学や気質論を用いてカスタマイズいたします。出産育児の基礎知識、有効なマタニティサービスのご提案はもとより、様々な人材育成研修に加え、随時カスタマイズいたします。まずはご相談ください。

    学校関係者・PTAの方々へ

    子どもたちや次世代の自己肯定感を高め、変化の激しい時代を生き抜く力を高めるために、学校関係者、保護者の皆さまとともに次世代育成支援事業を展開してまいります。

     

     

     

     

    助産師・医療機関の方へ

    助産師・看護師・保健師の方に大好評の“マタニティクラス講師塾をはじめ、出産施職員の方々へ、幸せなお産を増やす皆さまのコミュニケーションスキルや研修、母親学校・両親学級プログラムのコンサルティング、開講スキルアップ研修をご提供します。

    医療機関などの周産期医療従事者、母子保健に携わる、助産師、看護師、保健師の方向けに、日本国内はもちろん、世界のマタニティ事情に精通した講師が、業界に対する深い知見と企画から理論、実践などの手法を融合させた質の高い研修をご提供します。
    ニーズに見合うように「参加型マタニティクラス講師塾ベーシックコース」「参加型マタニティクラス講師塾アドバンスコース」「ベビーマッサージ講師研修」、さらには国際研修などをご用意しております。

    ご相談・ご依頼はこちら >

  • ご挨拶

    1997年より、からだの力を知り、不要な不安を減らし幸せなお産を増やしたいと、妊娠前から産前産後までのスクールを開講してまいりました。

    今や、バースコーディネーターたちも続々と育ち、様々な場で活動が展開。

    妊婦さんたちのみならず、子どもからシニアにまで「誕生学」と大葉が名づけた、

    いのちの学習プログラムが広がっています。

    2009年11月には誕生学が「現代用語の基礎知識」(自由国民社)に掲載されました。

    大葉が提唱するピースフルバースとは「しあわせな誕生の物語を増やそう」という想いを込めています。いつか、生まれてきた日のことを聞かされる子どもたちは「あなたを産んだ体験は素晴らしかった」と言われれば、生きる力になります。
    どんなお産だって、しあわせなお産にできるはずです。

    医療に安全性や安心感を求めるだけの「おまかせのお産」から“やるだけやった、最善は尽くせた”と自らの中に安らいだ気持ちを創る「本当の自分も生まれるお産」を目指せば。

    まずは、自分自身もたった一度のこの自分を生きているスゴイいのちなのだと、実感する誕生学プログラムからいかがですか?
    そして、嬉しくなったあなたに、世界中にしあわせないのちの誕生を増やすために、ともに歩んでいただきたいと思っています。

     

    バースセンス研究所・代表 大葉ナナコ

  • 代表・大葉ナナコプロフィール

    Profile

    1965年 東京都出身。

     

    1985年 女子美術大学付属中高~短大と8年間「意匠」を学ぶ。

    女子美術大学短期大学部生活デザイン科卒業。

    1987年に自然出産や母乳育児を経験し、女性のボディ・システムやいのちをつなぐ優れたデザイン性に感動。受講した出産準備教育の分野や産後のライフデザイン、ストレスマネジメントに関心を持つ。

    専門職の必要性を感じ、テレビ番組や出版分野で出産・育児の情報コーディネイターをしながら、国内外で妊娠・出産の生理や心身のサポート、出産準備教育、カウンセリングやボディワーク、慶応義塾大学通信教育学部で出産準備教育に必要な心理学、教育学、社会学などの単位を取得。

     

    1993年 国内外で「出産準備教育 講師養成コース」を受講。


    1997年より、妊娠前でもカップルでも学べる講座を助産師と開講。桜美林大学オープンカレッジ、毎日新聞カルチャーシティなどで好評を博す。

     

    2001年 著書出版開始。公立小学校から「いのちの授業」依頼開始。

     

    2003年 有限会社バースセンス研究所を設立。産前産後の生涯学習、パートナーシップ支援、女性の心身に優しく豊かな出産を実現するための調査・研究・講座運営・出版・後任の育成を開始。

    世代別の優しい出産の学習プログラムを生み出し「誕生学」®と名づける。

    2005年 有限責任中間法人 日本誕生学協会を設立。次世代の妊娠出産育児を豊かにするべく、助産師、産科医、学識者や保護者たちと協働し、次世代支援者「誕生学アドバイザー」育成を開始。

    親子のエンパワーメント活動を開始する。

     

    2006年 第27期、第28期、東京都青少年問題協議会委員。

     

    2008年 日本初で、行政の週末両親学級の開発と講師派遣を外部委託先として受託。内閣官房IT戦略室に、育児支援策を提案(自民党麻生内閣)

     

    2010年 「誕生学Ⓡ」が「現代用語の基礎知識」に載る。 映画「うまれる」制作メンバーに。

     

    2011年 内閣府より、「公益社団法人 誕生学協会」として公益認定される。

     

    2012年 「いいね!JAPAN」審査委員/東京ガスOZONE「暮らしのデザイン」プロデューサー

     

    2013年 環境省「グッドライフアワード」審査委員

     

    2014年 筑波大学大学院 人間総合科学研究家保健学修士課程に在籍。オキシトシン研究中。一般財団法人 「ベビー&バースフレンドリー財団」設立。

     

    2015年 環境省「つなごう!支えよう!森里川海プロジェクト」アンバサダー

    Google Woman Will 「Happy Back to Work」アンバサダー

    著書訳書24冊以上。新聞掲載・テレビ出演多数。

  • 講座/研修

    マタニティクラス講師塾

    女性活用が今後の経済発展の鍵といわれる現代。

    妊娠出産や子育てを希望される女性社員の健康支援は、今や一流企業の常識です。

    女性の部下が妊娠したら?男性の部下の育児休暇は?育休明けはいつが望ましいか?

    など、時代の流れに合わせた基礎知識をご提供します。

    産院用マタニティクラス教材販売

    日本全国で次世代育成の各種研修で必要な教材や、

    海外の出産育児教室教材の邦訳版を開発しています。

    バースコーディネーター養成研修

    只今準備中・・・

     

     

    講座・オンライン講座受講

    只今準備中・・・

     

     

  • - マタニティクラス講師塾について -

    女性活用が今後の経済発展の鍵といわれる現代。

    妊娠出産や子育てを希望される女性社員の健康支援は、今や一流企業の常識です。

    女性の部下が妊娠したら?男性の部下の育児休暇は?育休明けはいつが望ましいか?

    など、時代の流れに合わせた基礎知識をご提供します。

    毎月一回、ベーシックコース限定12名、アドバンスコース限定12名で開講される、助産師看護師保健師向けの、参加型マタニティクラスの運営ノウハウから参加型プログラムまでのワークショップ。毎月全国から、助産師のみなさんが受講にかけつけます。

     

    マタニティクラス講師塾 新アドバンス「バースプラン&セルフケアを動機づける参加クラス運営法」
    助産師・保健師・看護師向け

     

    マタニティクラスは、妊娠中からの母乳支援をするチャンスの宝庫です。
    せっかく自己決定に自信を持つ機会を、講義聴講でおわらせていませんか?
    講義型と参加型グループワークの構成で、妊婦さんの主体性を育みましょう。

    自分の出産当日のリラックスを最大限に引き出すためのバースプラン書き方指導、出産当日までのセルフケアを主体的に続ける行動変容。

    グループワークの参加型だからこそ、できることがたくさんあります。
    「母となる女性の自信を引き出す」参加型マタニティクラスで、妊婦エンパワーメントを!

     

    【プログラム】

    ・参加型MC~基礎知識の復習とファシリテーション・スキルアップ法
    ・バースプラン導入と発展のために~諸外国のバースプラン活用事例
    ・参加型MC+バースプラン・ワークショップ進行方法
    ・参加型MC+セルフケア・ワークショップ進行方法
    ・妊娠中からの母親支援~産後うつ予防のために



    10代~40代まで、多様な世代が母になる時代。その一人ひとりが自分らしく母になる支援をしませんか。

    みなさまのご参加お待ちしています。

    ※当研修は「マタニティクラス講師塾 ベーシック受講済みの方(日総研・バースセンス研究所主催)から優先的にお申込み受付をしています。

    ベーシッククラス受講がまだの方は、2講座同時お申込みをいただいております。

     

    【日時】

    6月14日(日) 参加型マタニティクラス講師塾 ベーシック 10:00-18:00
    6月15日(月) 参加型マタニティクラス講師塾 新アドバンス(バースプラン&セルフケア) 10:00-18:00

    【参加費】

    ベーシック ¥18900(税込)
    新アドバンス ¥32400(税込)

    【会場】

    バース・シンフォニー・カレッジ (中央区日本橋本石町4-5-1 日東本石町ビル4F)
    JR神田駅南口 徒歩5分・JR新日本橋駅2番出口 徒歩2分

  • - 産院用マタニティクラス教材販売 -

    日本全国で次世代育成の各種研修で必要な教材や、

    海外の出産育児教室教材の邦訳版を開発しています。

  • 大葉ナナコ 著作一覧

    25冊目が9月末発刊!!

    NEW!! キャリアと出産

    単行本

    >購入はこちら

    Life 誕生学の現場から

    単行本

    >購入はこちら

    えらぶお産---妊娠前から出産後まで、カラダとお産のホント

    河出文庫

    >購入はこちら

    いのちはどこからきたの? 9歳までに伝える「誕生」のしくみ ​

    単行本

    >購入はこちら

    メンズのための安産バイブル​

    単行本

    >購入はこちら

    35歳からのおめでたスタンバイ

    単行本

    >購入はこちら

    アイナ・メイの自然出産ガイド―こころ・からだ・産科学を活かす知恵​

    単行本

    >購入はこちら

    二人目がほしいと思ったら​

    単行本

    >購入はこちら

    えらぶお産​

    単行本

    >購入はこちら

    ‘笑う’育児のすすめ

    2歳~6歳編​

    単行本

    >購入はこちら

    ’ゆるむ’育児のすすめ 出産~1歳・赤ちゃんも私もハッピーになる ​

    単行本

    >購入はこちら

    女がめざめる暮らし方 31のレシピ​

    単行本

    >購入はこちら

  • 沿革

    【組織沿革】

    1997年 

    大葉ナナコがバースコーディネーター業を創職。妊娠前からの出産教室開業

    桜美林大学オープンカレッジで「出産教育」連続講座開講。

     

    2003年 

    有限会社バースセンス研究所設立。妊娠前、妊娠中、産後の夫婦支援を開始。

    産前産後の生涯学習、パートナーシップ支援、女性の心身に優しく豊かな出産を

    実現するための調査・研究・講座運営・出版・後任の育成を開始。

    世代別の優しい出産学習プログラムを生み出し「誕生学®」と名付ける。

     

    2007年

    株式会社伊勢丹(当時)のマタニティベビーコーナー販売員の方々の研修プログラムをカスタマイズ。

    「マタニティベビーコンシェルジュ」として社員資格となり、毎年多くの社員が受講志望する人気研修となる。

    現在は、三越、伊勢丹、そごう、西武の各百貨店のマタニティベビーコーナー販売員の研修を担当し、好評を博している。

     

    2008年 

    日本で初めて、行政の週末両親学級の開発と講師派遣を外部委託先として受託。

    内閣官房IT戦略室に、育児支援策を提案(自民党麻生内閣)。

     

    2010年 

    「誕生学®」が「現代用語の基礎知識」に載る。映画「うまれる」制作に携わる。

     

    2012年 

    「いいね!JAPAN」審査委員/東京ガスOZONE「暮らしのデザイン」プロデューサー

     

    2013年 

    環境省「グッドライフアワード」審査委員。

     

     

  • 実績

    研修・講演 実績

    【マタニティ・ベビーコンシェルジュ養成研修】

    2007年より、株式会社伊勢丹(当時)のマタニティベビーコーナー販売員の方々の研修プログラムをカスタマイズ。「マタニティベビーコンシェルジュ」として社員資格となり、毎年多くの社員が受講志望する人気研修となる。現在も、三越、伊勢丹、そごう、西武の各百貨店のマタニティベビーコーナー販売員の研修を担当し、好評を博している。バースセンス研究所主催で「マタニティ接遇研修」を開催し、全国からマタニティベビーコーナーの販売員の方、メーカー様、ウェディング関係の方にご参加いただいています!

     

     

    プログラム開発 実績

    【日本初!!のソーシャルビジネス実績のご紹介】

    バースコーディネーター業、誕生学(R)プログラムなどを開発した大葉ナナコによる、これまでの事業開発実績を一覧にいたしました。これまで、いくつかの目的別に組織運営をしながら、優しい妊娠出産育児を支えるソーシャルビジネスモデルを展開してまいりました。現在も様々な事業を育んでおります。



    1997年 妊娠前からの出産準備教育を開講
    日本初 バースコーディネーター職を創業。働く女性を対象に、妊娠前からの出産教室(旧・桃の花倶楽部)を開講。助産師ゲストと一般女性をつなぐ場を創設。漫画家・桜沢エリカ氏や作家・横森理香氏らに、受講後に漫画やエッセイで紹介され女性各誌からの取材多数。カルチャーセンターからの開講オファー多数。

     

    2000年 大学オープンカレッジで開講
    日本初 桜美林大学 新宿校 オープンカレッジの生涯学習コースとして「妊娠出産の基礎知識」講座を開講。新聞各社、AERAなどに掲載される。

     

     

    2002年 NHKテレビドラマ出産シーン監修
    日本初 NHK朝の連続テレビ小説「さくら」にて出産シーン監修。脚本上の相談、女優の演技指導、新生児役に本物の新生児をキャスティング。エンドロールには「出産指導」と話題に。以後10年にわたり、NHK朝の連続テレビ小説、大河ドラマ、民放各社の出産ドラマや出産シーンのコンサルティング。連携する助産師たちとともに、日本のテレビドラマ界に、より良い出産シーンを増やしている。

    同年、杉並区立小学校で「いのちの授業」のゲストティーチャーとなり好評を博し、以後、区内外の小学校より依頼多数。

    世代別にいのちの力や大切さを実感いただくプログラムに「誕生学」と名付け、のちに登録商標申請。日本初の中高生向け総合の時間用テキスト「命を授かり、育む喜び」出版。

    2003年 出産準備教育教材、研修開発の法人を設立
    日本初 出産準備教育と教材開発の会社として、バースセンス研究所を設立。誕生学アドバイザー、バースコーディネーター養成志望者が増え、養成研修を開講。

    2005年 いのちの授業の講師認定審査・登録団体を法人設立
    「誕生学」が特許庁にて第41類登録商標される。登録されている定義は「未就学児・小学生・中学生・高校生・大学生及び成人のそれぞれの年齢を対象に、妊娠出産の知識といのちの大切さの教授」

    医療者と学識者と市民で連携し、次世代にいのちの大切さと妊娠出産の知識を伝える講師の認定登録機関「有限責任中間法人 日本誕生学協会」(のちに公益法人の認可を受ける)を設立し、非営利で公益事業を展開。

     


    2006年 日本初 行政より両親学級の開発・運営を民間委託第一号
    東京都職員研修で保健医療者にベビーマッサージ講師研修を受託。保健行政との連携の中、東京都杉並区より、週末両親学級の民間委託業者第一号として、開講プログラム開発と運営を年間業務受託。翌年より公益事業として誕生学協会で受託契約。2007年は東京都品川区からも年間委託。そのほか板橋区より産後ベビーマッサージ体験会を年間委託など、保健行政から民間への初の委託実績とつくる。

     


    2007年 日本初 百貨店マタニティベビーコーナー販売員研修
    マタニティ育児用品の百貨店販売員研修において、商品知識以外の研修が必要とされ、妊娠・出産の基礎知識や母乳、育児の基礎知識、妊娠中のお客様のメンタルサポートや産後うつ予防として百貨店ができることなど、指導研修を受託。知識とコミュニケーションスキル研修の成果が高い評価をいただく。

     

    2010年 現代用語の基礎知識に「誕生学(R)」が掲載
    開発した多世代対応の「誕生学」が、現代用語の基礎知識に掲載され、一般用語とし認められる。

     


    2010年 ドキュメンタリー映画「うまれる」製作に従事。劇場公開へ。
    「いのちの映画を創りたい」と映画監督・豪田トモ氏とプロデューサ牛山朋子氏とともに、2007年映画「うまれる」を製作開始。コアメンバーとして、映画製作全般に関わる。3年の歳月をかけて撮影、編集、普及イベントに出演、2010年11月6日に、シネスイッチ銀座で劇場公開し舞台挨拶をする。一年間で全国70館以上の映画館と200箇所以上での上映会が開催される大ヒット。誕生から自己肯定感を感じ、いのちに優しいお産や子育て、不妊、虐待を見つめる機会を、創出中。

     

     

    2011年 公益社団法人として誕生学協会が認可を受ける
    子どもたちに、妊娠前、妊娠中、産後の女性やカップルに、いのちの力を実感し、自他尊重の想いやセルフケア動機をうむ「誕生学(R)」を広める誕生学協会の公益活動が認められ、2011年3月1日内閣府より「公益社団法人」の認可を得る。この機に、公益社団法人 誕生学協会として、改称。誕生学アドバイザーの審査認定と認定講師を正会員とする団体として、日々、誕生学プログラムを普及している。
    2011年3月11日の東日本大震災を受け、誕生学協会として、被災地母子支援活動に従事している。被災地の子どもたちに、未来のふるさと切手原画コンクールを立案・実施。1181名が参加し、応募されたすべての絵を「切手」にして子どもたちに贈る。その模様は、NHK「おはよう日本」でも放送される。支援事業は継続中。

     

     

    2016年 中学校で行われたいのちの授業「誕生額スクールプログラム」の様子がジャパンタイムズに掲載

    タイの新聞にも掲載されました。

     

     

    ソーシャルプロジェクト参画 実績​

  • 取材・講演・研修のお申込

    ・研修依頼

    ・教材/プログラムの開発依頼 

    ・出産育児スクールに関する依頼

    ・商品開発 

    ・出版関係の依頼

    ・テレビ・映像関係の依頼
    ・イベント出演

    ・講演依頼

    ・その他

  • 会社概要

    社名:株式会社バースセンス研究所

    設立:1997年6月創業 2003年8月1日法人設立

    代表取締役社長:大葉ナナコ

    住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原1-35-7 KUDO B.L.D201号室

    TEL:03-6323-7008

    FAX:03-4283-3612

     

    【事業内容】

     

    1.マタニティクラス・コンサルティング

    2.研修プログラム/教材開発/販売

    3.産前産後教育の講師育成研修

    4.プロジェクト デザイン

     

     

    マタニティスクール運営事業

    PeacefulBirth(ピースフルバース

     

    講師養成事業

    誕生学アドバイザー・バースコーディネーター

    2013年度より(公社)誕生学協会事業へ変更申請中(内閣府)
     

    企業リテラシー研修事業
    伊勢丹・三越・そごう・西武マタニティ販売員研修、日総研・助産師向け研修、ピジョン・プレママセミナー ほか多数

     

    社会貢献事業のコーディネイト
    家族計画国際協力財団スタディツアー参加、ホワイトリボン(ジョイセフ)運動参加、チャリティ・Tシャツプロジェクト

     

    教材制作/出版事業
    バースセンス研究所出版「出産準備学習ノート お父さん編・お母さん編」

     

    教材販売事業
     

    *メディア監修関連事業
    映画・ドラマ出産シーン監修
    TVドラマ出産シーン監修例:「さくら」「ちゅらさん3」「ファイト」「赤ちゃんを探せ」「夢見る葡萄」「天地人」「ゲゲゲの女房」「江」(以上NHK)、映画「うまれる」コーディネーター参加、TBSドラマ「生まれる。」アドバイザー参加他多数。

     

    ※事業内容を変更に伴い、公益社団法人誕生学協会へ、誕生学アドバイザー養成研修およびバースコーディネーター養成研修事業等を継承させることとし、現在、公益社団法人誕生学協会より、事業内容の変更を内閣府に申請中です。

     

  • 主な取引先と実績

    育児用品業界企業様など主要取引先

    ・株式会社 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ
    ・株式会社 そごう・西武
    ・株式会社丸井
    ・ピジョン 株式会社
    ・株式会社 日総研出版
    ・JR大阪三越伊勢丹
    ・株式会社阪急商業開発
    ・東急セミナーBE
    ・ベネリック株式会社
    ・特定非営利活動(NPO)法人フローレンス

    メディア掲載

    最新のメディア掲載は、こちら>

    セミナー・研修・講演実績​

    年間50日以上の人材育成研修依頼の実績を有しております。
    いずれも、全国の助産師、看護師、保育士、養護教諭、児童館児童職員などの専門職の方をはじめ、研究職の方、幼・保・小中高の子ども達や保護者の方など、数多くの方々にご参加いただいております。
    また、主催者様におきましては、行政や大学をはじめ、協会団体、一般企業に至るまで、数多くの団体からお声がけをいただいております。


    ◆幼稚園/保育園
    学校法人駒場けやき学園 駒場幼稚園(満3歳児、保護者)
    港区立芝公園保育園(満5歳児、職員、保護者)
    港区立高輪保育園(満5歳児、職員、保護者)
    すみれの庭こども園(保護者)
    育英幼稚園(目黒区)(保護者)

    ◆学校
    葛飾区小学校教育研究会 保健部(葛飾区小学校の養護教諭)
    長野県赤穂高等学校(生徒)
    長野県駒ヶ根市立赤穂中学校(生徒)
    長野県駒ヶ根市立東中学校(生徒)
    長野県駒ヶ根市立赤穂小学校(生徒)
    長野県駒ケ根市立中沢小学校(生徒)
    横浜市立篠原中学校(保護者)
    鎌倉市立玉縄中学校(保護者)
    横浜市立奈良中学校(生徒、保護者)
    渋谷区立上原中学校(生徒)
    渋谷区立富ヶ谷小学校(生徒)
    渋谷区立上原小学校(生徒)
    世田谷区中丸小学校(保護者)
    目黒区立菅刈小学校(保護者)
    目黒区立中根小学校(保護者)
    目黒区立鷹番小学校(保護者)
    目黒区立緑ヶ丘小学校(保護者)
    目黒区立八雲小学校(保護者)
    目黒区立東山小学校(保護者)
    目黒区立月光原小学校(保護者)
    目黒区立烏森小学校(保護者)
    目黒区立油面小学校(4年生、6年生、保護者)
    目黒区立不動小学校(保護者)
    目黒区立鷹番小学校(保護者)
    目黒区立中目黒小学校(保護者)
    目黒区立五本木小学校(保護者)
    目黒区立大岡山小学校(保護者)
    目黒区立田道小学校(保護者)
    中央区立晴海中学校(生徒)
    中央区立佃中学校(生徒)
    杉並区立松渓中学校(生徒)
    女子美術大学付属高等学校(生徒)
    女子美術大学付属中学校(生徒)
    江東区立第三亀戸中学校(生徒)
    江東区立第二大島中学校(生徒)
    江東区立南砂中学校(生徒、保護者)
    文京区立小石川中学校(生徒)
    豊島区立要小学校(6年生)
    東京朝鮮第五初中級学校(保護者)
    町田市私立七国山小学校(保護者)
    大阪府箕面市立第一中学校(保護者)
    など

    ◆行政
    目黒区教育委員会(全5回)(乳児とその保護者)
    杉並区立児童青少年センター(ゆう杉並)(保護者)
    長野県駒ヶ根市福祉施設つくし園(保護者)
    豊島区長崎健康相談所(妊娠中女性)
    国分寺市立本多公民館(保護者)
    東京都教育庁地域教育支援部
    福島県男女共生センター(一般市民)
    東京都公立児童厚生施設連絡協議会(児童館児童職員)
    大田区大田南地域行政センター(子育て中の両親)
    女性の仕事と未来館(妊娠前女性)

    ◆職能団体(助産師会)、協会、団体
    社団法人日本助産師会和歌山県支部(助産師、助産師学生、一般(学校・保育所関係者))
    社団法人日本助産師会福島県支部(助産師)
    社団法人徳島県看護協会(助産師、看護師)
    社団法人奈良県看護協会(助産師)
    出産育児環境研究会(出産育児に関わる支援者、研究者)
    日本助産師会広島県支部尾道地区(助産師)
    かわさき助産師ネットワークSUN2(助産師)
    母子保健研修センター助産師学校(新入生(全日制1年)
    福井県小浜助産師会(助産師)
    財団法人東京都助産師会館
    愛知母乳の会

    ◆大学、研究会
    獨協医科大学看護学部、科研「Pre-conseptionから考える地域連携・協働による継続的な母子支援」研究グループ(助産師、看護師)
    川崎市立看護短期大学(学生)
    津田塾大学 国際関係学科(学生)

    ◆学会
    日本ウーマンズヘルス学会
    日本家族と子どもセラピスト学会 

    ◆企業
    株式会社ロハスインターナショナル(ヨガインストラクター向け)

    コミュニティ主催イベント(一部)
    ・朝日新聞社&AERAwithBaby主催プレママフォーラム(妊娠中の女性)
    ・メグ・ヒックリングトークセッション
    ・丸の内朝大学(未婚、働く男女向け)
    ・湘南お産カーニバル(助産師、市民)
    ・足立区市民団体主催映画うまれるプレイベント
    ・癒しフェアin TOKYO
    ・上田市パパママフェスタ
    ・東京ガス 暮らしの根っこフェスタ
    ・いいお産の日イベント
    ・ジョイセフ 母の日イベント
    ・大地を守る会
    ・シブヤ大学
    ・生活協同組合ドゥコープ

  • blog

    大葉ナナコオフィシャルブログ「大葉ナナコの誕生学な日々」

    All Posts
    ×